FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ポップス黄金時代」の記念すべき第1弾、やはり" ビル・ヘイリーとコメッツ "からスタートです。

彼らが1955年に放った「ロック・アラウンド・ザ・クロック/Rock Around The Clock」のヒットによって、この年からアメリカを始めとして世界中にロックンロールという音楽が広まって行きます。

そしてこの曲は、ロックンロールという、当時としては全く新しく過激な音楽のメジャー路線のヒット曲の第1弾として、これ以降永遠に名を残しています。

ですからこの曲がヒットした事によって、ロックンロールは1955年に誕生した、と一般的に言われる様になりました。

ビル・ヘイリーとコメッツは元々、ジャズやリズム&ブルースのスインギング・ビートを取り入れたバンドとして人気が出たグループでしたが、この「ロック・アラウンド・ザ・クロック」によって、このグループ名も永遠のものとなりました。

また、この「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は、この年に公開された映画「暴力教室」のタイトルバックで使われており、この曲が流れ出すと映画館の中で踊り出す若い男女で騒然となり、それが社会問題にまでなったという、まさしくセンセーショナルな音楽の誕生という出来事だったのですね。

ただ、ギターを持って歌っていたビル・ヘイリーがあまり美貌とは言えず、かなり太めの大男というルックスだったのが、若者の象徴として長く人気を保てなかった理由なのでしょう。

この曲は、12小節が3コードで展開されるという、基本的なブルースのコード進行で成り立っています。
そして冒頭のブレークで始まる所からエンディングまで、そっくりそのままオールディーズミュージックの教科書と言えるでしょうね。


「ロック・アラウンド・ザ・クロック」~ディック・クラークの人気TV番組「ロックンロール・バンドスタンド」より


「 ロック・アラウンド・ザ・クロック」こちらは1976年のウイーンでのライブ映像


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/1-c62323dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。