FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーケストラのインストものがヒットチャートを賑わせた、というのが’60年代のポップス界のひとつの特徴でもあった訳ですが、ここでまた一つオーケストラものとして、1960年の終りから’61年の初頭にかけて、ドイツのベルト・ケンプフェルトの「星空のブルース(Wonderland By Night)」がヒットしています。

ベルト・ケンプフェルトは言わばドイツ版ビリー・ボーンといった所でしょうか。

このは「星空のブルース」は、当時の日本でもかなりのヒットとなっており、以降、色んなラジオ番組などでテーマ音楽としても良く使われていました。

特にブルースの形態は取ってはいないのですが、少し哀愁を帯びた楽曲に「・・・のブルース」という邦題を付けるのが当時からどうも日本では流行りだった様です。

この曲は一種のヒーリング・ミュージックの要素を持っており、すっかりおなじみとなった冒頭のトランペットのメロディと、ゆったりしたリズムが聞こえてくると、すっかり心なごみますね。


「星空のブルース」~オリジナル音源

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/102-28a02cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。