FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャドウズは、’60年代のイギリスが誇るエレキ・インストグループで、昔からアメリカのベンチャーズと対比して語られ続けて参りました。

ベンチャーズのサウンドがモズライト・ギターに代表されるハイ・パワーなピックアップのパワフルでワイルドな、アンプのボリュームをフルにして自然に歪ませた音が特徴なのに対して、シャドウズ・サウンドは、リードギタリストのハンク・マービンのトレードマークである'57年のフェスタ・レッドのフェンダー・ストラトキャスターで奏でるエコーの効いたスマートで甘いクリーン・トーンが特徴でした。

また'60年代の中頃になると、イギリスのギターメーカーであるバーンズで開発した白いハンク・マービンモデルが、シャドウズのもう一つのトレードマークとなっていました。

このグループはイギリスのエレキ・インストの世界で数多くのヒット曲を放っておりましたが、もう一つ、クリフ・リチャードのバックバンドとしてクリフの初期のステージを支え続けた事も忘れてはいけません。

クリフの初期のヒット曲「ヤング・ワン」のイントロから流れて来るあの甘いストラト・サウンドのフレーズは、この曲の個性をしっかりと際立たせています。

そのシャドウズが1960年に放ったヒット曲「アパッチ」は、本国イギリスで見事No.1を獲得しております。

「アパッチ」というタイトルからアメリカ産だろうと思われやすいのですが、実はイギリスで生まれた曲でした。

この曲はベンチャーズも早くからカバーしており、やはり本家シャドウズがいい、いや、ベンチャーズのカバーの方がいい、などと当時からファンの間で議論伯仲した曲でした。

確かにベンチャーズのバージョンでは「フィ・フィ・フィ・フィ」という特徴的な音やミュート・トリルなど、エレキ・インストならではの様々なギター・テクニックやアイデアが盛り込まれておりまして、これもまたとても魅力的ではあります。

しかし当時は、イギリスで絶大なる人気を誇るシャドウズも、アメリカでは全くヒットしていなかったというか、この頃はまだイギリス産のポップミュージックがアメリカで売れる事はほとんど無かったのです。

ブリティッシュ・イノベイジョンは、’ファブ・フォー’が出現する1964年まで待たなければいけなかったのでした。


「アパッチ」~当時のモノクロ映像

「アパッチ」~こちらは1964年のステージより/ギターは白のバーンズ・マービンモデルです。

「アパッチ」~2004年という、最近のライブ映像より/そのサウンドは全くと言っていいほど変わっていません!ギターもトレードマークのフェスタレッドのストラトです。

「アパッチ」~こちらはハンク・マービンのビデオより

「アパッチ」~こちらはべンチャーズのバージョン/まだフェンダー・トーンの時代

「アパッチ」~'65年の来日公演のステージより/こちらはモズライト・サウンド

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/109-590c15f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。