FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンダ・スコットは、10代の頃から活躍していたアメリカの可愛い子ちゃんシンガーですが、ルックスだけのアイドルではなく、しっかりした歌唱力の持ち主でした。

その彼女が16才の時にリリースしたデビューシングルが1961年の「星に語れば(I've told every little star)」です。

「ダム、ダラム、ダ、ララララララララ、ダム、ダラム・・・」というイントロの歌い出しの部分ですでにヒットが約束されていた、そんなとても可愛いくてチャーミングな曲でした。

こういう素敵な歌を歌ってたリンダ・スコットは、今から思えば、もっとビッグなスターになっても良かったと思える一人ですね。

所で、この邦題の「星に語れば」というのは、ティーンエイジャーの可愛い子ちゃんシンガーの曲としてはどうなのかなあ、と思ってしまうのです。

「小さな星とお話したら」くらいに可愛くまとめた方が良かった様な気がします。


「星に語れば」~オリジナル音源

「I Don't Know Why」~こちらはまた素敵なバラード

「Yeseree」~当時の映画の一シーンでしょうか

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/114-36098188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。