FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロイ・オービソンは1950年代中盤にデビューしたロカビリー・シンガー・ソングライターで、イギリス公演の際にデビューしたばかりのビートルズとすぐに親しくなり、彼らにも多大なる影響を与えた一人だと言われています。

ロックンロール・シンガーながら、ちょっとメロウなムードで伸びやかに歌うボーカル、彼独特の泣き節とも言われますが、それがロイ・オービソンの個性でした。

この1961年のヒット曲「クライング」も丁度そういうイメージで、彼の泣き節がとても良く出ております。

このロイ・オービソンも、エルビス・プレスリーやカール・パーキンスと同じく、最初はSUNレコードからデビューしており、そこから巣立ったロックンロール・シンガーでした。


「クライング」~ロイ自身をトリビュートしたライブの模様より


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/126-61791e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。