FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノを叩きながら、ファルセット・ボイスで甲高い声をあげ、シャウトしながら歌うという独特のスタイルで、'50年代の過激なロックンローラーの代名詞となったのがリトル・リチャードです。

彼のスタイルは、特にビートルズ時代の初期のポール・マッカートニーに多大なる影響を与えており、ポールもリトル・リチャードに負けずに「Whoo!」と叫びながら、それ以上のハイ・トーンで彼のロックンロール・ナンバーをカバーしていました。
初期のステージを聞くと、ポールはまるでリトル・リチャードか、といわんばかりです。

リトル・リチャードのデビュー曲は1956年の「トゥッティ・フルッティ」で、そしてそれに続いてリリースされたのが「のっぽのサリー/Long Tall Sally」。
特にこの2曲目の「Long Tall Sally」は、ビートルズの初期のライブのラストナンバーとしてポールマッカートニーに愛唱されていて世界中ですっかりおなじみのロックンロールナンバーとなりました。

彼の代表曲としては他に、「ルシール」、「ジェニ・ジェニ」、「グッド・ゴーリー・ミス・モーリー」、「カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ」などがあり、どの曲もロックンロール・ヒストリーの中で燦然と輝いています。


「トゥッティ・フルッティ」~初期のライブ映像より


「のっぽのサリー」~初期のライブ映像より


「ルシール」~初期のライブ映像より


「グッド・ゴーリー・ミス・モーリー」~初期のライブ映像より


「Whole Lotta Shakin' Going On」~初期のライブ映像より



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/13-5b634c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。