FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジーン・ビンセントの当時のトレード・マークは革ジャンにジーンズ、そしてリーゼント・ヘアと、正に正調ロックンローラーでした。

彼もロックンロール・オリジネーターの一人。
そのジーン・ビンセントの最も代表的な曲と言えば1956年のデビュー・ヒット「ビー・バップ・ア・ルーラ」でしょう。
ロックンロールの圧倒的なパワーを押し殺したかの様に、ミディアムテンポでクールに、そしてセクシーに歌い出す曲ですが、それでも熱くほとばしる感情が彼の歌から十分に感じられます。

ライブステージでマイクスタンドを斜めに持って歌うのが彼のスタイルでしたが、それはそのまま現代のシンガー達にもしっかりと継承されていますね。

そして、ジーン・ビンセントをサウンド面でしっかりとサポートしていたのがブルー・キャップスというロックンロール・バンドです。
彼らはフェンダー・プレーヤーで、当時のニューモデル『ストラトキャスター」や「プレシジョン・ベース」等をプレイしており、その独特のソリッドなサウンドで人気を博していました。
そして、フェンダー社のカタログにもバンドのメンバーで掲載されておりました。

所で、ビー・バップ・ア・ルーラって何でいう意味なんでしょう?


「ビー・バップ・ア・ルーラ」~当時のモノクロTV映像より。ブルー・キャップスのギターが余り聞こえないのが残念です。


「ベイビー・ブルー」~当時の映画の1シーンより


「リップ・イット・アップ」~当時のTV映像より


「Dance In The Street Tonight 」~典型的な3コードで12小節の進行の曲



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/16-2283e44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。