FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカの歴史の中で長年に渡り愛されて来た伝統的な音楽/カントリー&ウエスタンを忘れてはいけません。

元々は古い民謡を生ギターやバンジョーなどを演奏しながら歌い継いで行ったものが、長い年月の間にジャンルとしてすっかり定着したものだと思います。
アメリカではグラミー賞にしっかりとカントリー&ウエスタン部門というものがあるのですからね。

ただ最近はカントリーという音楽が時代の流れから取り残されつつある様な印象があります。
やはりブーム再興にはロックンロールの世界でのエルビス・プレスリーの様な、センセーションを巻き起こすビッグスターの出現を待つしかないのでしょうか。

'50年代に活躍していたソニー・ジェームスは、若きカントリー&ウエスタン・シンガーで、彼の代表曲が1957年に大ヒットした「ヤング・ラブ」です。
これはもう日本でもすっかりおなじみの曲になっていましてその当時、生ギターを弾きながら「ヤングラ~ブ」と歌ってた若者が沢山いましたね。

歌詞の内容も、「清く美しい真実の初恋を僕は見つけた」という優しく初々しいもので、これならどこのお茶の間でも好まれる、というものでした。
俳優のタブ・ハンターも同じ年にカバーしてリリースしており、こちらもヒットを記録しています。


「ヤング・ラブ」~当時のモノクロTV映像より



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/20-62214205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。