FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1950年代の後半は、アメリカのポピュラー音楽の世界でロックンロールという新しい音楽が一大ブームとなってセンセーションを起こした時代であり、ヒットパレードの世界がそれまでとガラリと変わってしまった時代でした。

そしてここが面白いのですが、それとほぼ同時に、古い伝統的なアメリカ民謡/いわゆるトラディショナル・フォークソングを今風に歌って演奏するという「モダン・フォークブーム」が大学生を中心に、これもまた一大ブームを巻き起こした時代でもあります。

そしてそのフォーク・ミュージックの世界でも、ブームに乗って人気アーティストを次から次へと輩出して行ったのです。

このロックンロールとフォークソングというとても対照的な2つの音楽が、1050年代のアメリカのポピュラー界で、ほぼ同時にブームとなったというのが何とも不思議で面白い所ですね。

一方のロックンロールは「動」、方やフォークソングは「静」といった感じで、端的に言うと、若者が飛びついたロックンロールと、大学生の間で人気となったフォークソングという事が言えるでしょう。
そしてそのどちらもが日本にも輸入音楽として入って来て、やはり一大ブームになっているんですから。

ただ、当時の大人達は、ロックンロールは’不良の音楽’という風なレッテルを張りたがっていましたし、一方のフォークソングは、ちょっと’知的’で、大学生が生ギターを持ってスマートに演奏するのがカッコいいと、もてはやされていた時代でもありました。

いずれにせよ、全くスタイルの違う2つの音楽ジャンルが、同じ時代に若者の音楽として急速に流行っていった訳です。
そしてその2つの異なったジャンルの音楽は1960年代の中頃、ボブ・ディランの手によって融合され、やがてフォーク・ロックという、さらに新しい音楽へと発展して行くのです。

それ以降は様々に形態を変えながら現代にも続いていて、今のポピュラー音楽の中にも脈々と流れていますね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/21-6ed337ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。