FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「カリプソ」というトロピカルな音楽は、カリブ海に浮かぶトリニダード・トバゴ島を起源として生まれ、ジャマイカを中心にそのサウンドが演奏されておりまして、1950年代の後半から世界的に大流行しています。

そのカリプソを世界に広めた最大の功労者と言えばハリー・ベラフォンテですね。
彼はジャマイカ系アメリカ人として、ニューヨークのハーレムで生まれています。

ハリー・ベラフォンテはアルバム「カリプソ」を1956年にリリースしており、このアルバムはそれと同時に大きな話題となりまして、やがてミリオンセラーを記録しています。
そのアルバムの中でも代表的な曲となったのが「バナナ・ボート」です。

この曲、元々はジャマイカのワークソングで、バナナを船に積む時に歌われた労働歌なのですが、ハリー・ベラフォンテによってカリプソとして取り上げられ、全米でも大ヒット曲となり、やがて世界中で彼の代名詞的な曲となっております。

歌い出しの「デーオー、デーーオー」という所を聞いただけで「ああ、バナナ・ボートだ」と分かる位の個性を持った曲ですね。

それからハリー・ベラフォンテは「さらばジャマイカ」、「マチルダ」、「陽のあたる島」、「カムバック・ライザ」ほか、数多くのカリプソ・ナンバーを立て続けにヒットさせます。


「バナナ・ボート」~マペット・ショーのひとコマ


「さらばジャマイカ」~これもカリプソの代表曲の一つです。


「ママ・ルック・ア・ブーブー」~ナット・キング・コールと一緒に楽しそうに歌っています。


「マチルダ」~これもハリー・ベラフォンテを代表する曲。


「スカーレット・リボン」~子供の事を歌ったとても優しい歌です。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/22-4b096caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。