FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロックンロールという言葉の語源は、「rock(揺らす)」と「roll(転がす)」という事で、それは一般的には「音楽的な躍動感に由来する」と言われますが、本来はアメリカの黒人のスラングで、「性交」とか「交合」という様な意味から来ています。
ですから初期のロックンロールの曲には性的なイメージを持っているものが多くあり、それを躍動的なサウンドで表現してハイになっていた、と言う事なのでしょう。

ですから、初期のエルビス・プレスリーがステージで演奏しながら腰をくねらせたりというボディ・アクションで歌うのは、その音楽に入り込んでいればこそ、自然の成せる業なのだと思います。
それを卑猥だ・青少年に悪影響を与える、などと言われて、世のお母様方や大人達の批判の的となったのです。
当時の様子を今見ると、そんなに騒ぎ立てる事もないステージアクションなんですが、それでも当時はこれで充分過ぎるほど過激だったのですね。

1950年代のアメリカで、ロックンロールという全く新しい「ニューウエーブ・ミュージック」が、いかに当時の若者を夢中にさせ、また熱狂的に受け入れられたか、そして一方で、大人達は「白人の若者が黒人音楽を聞いてその真似をして堕落している」と嘆いて社会問題にし、それを排除してかかるという現象まで巻き起こしている様子が、当時のフィルムに如実に記録されています。

このフィルムは、ロックンロールという言葉の名付け親で、そのロックンロールを全米で一大ブームにのし上げたDJのアラン・フリードが登場していますし、初期のエルビス・プレスリーほか、'50年代を代表する様々なロックンロール・アーティスト達の当時の活動の様子を見る事が出来る貴重な記録で、その時に流行った音楽と世相というものが良く分かってとても興味深いものです。

そして、登場したばかりのロックンロールは新鮮でしかも過激で、とても勢いがある音楽だったのですが、時が経つに連れて、それまで培われていた白人達のポピュラー音楽とミックスされて段々と角が取れて行き、1950年代の終り頃になると、やがては優等生的なおりこうちゃん若者向けポップスになってしまう訳です。

そのロックンロールがもう一度、初期の勢いと過激さを取り戻すには、1960年代に入ってイギリスから登場して来る4人の若者のグループの出現を待たなくてはなりませんでした。



「The Early Years - Original Rock & Roll Stars」Part 1


「The Early Years - Original Rock & Roll Stars」Part 2


「The Early Years - Original Rock & Roll Stars」Part 3


「The Early Years - Original Rock & Roll Stars」Part 4


「The Early Years - Original Rock & Roll Stars」Part 5


「The Early Years - Original Rock & Roll Stars」Part 6


「The Early Years - Original Rock & Roll Stars」Part 7


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/29-2bca5c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。