FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当初、カントリー&ウエスタンの世界で歌い始めたドンとフィルの兄弟デュオ/エバリー・ブラザーズですが、1957年、彼らが若干18才と20才の時にデビュー曲「バイ・バイ・ラブ」でポップス界に打って出て、やがて全米で大ヒットとなります。

ギブソンのJ-200をベースにしたアコースティックギター/エバリーブラザーズ・モデルを抱えてハモる二人のスタイルはそれ以降すっかりおなじみのものとなりました。

このエバリー・ブラザーズの二人のハーモニー・ラインはアメリカン・ポップスの代表的なデュオ・ハーモニーとして、ビートルズのジョンとポールにも影響を与えており、また、サイモン&ガーファンクルにも多大なる影響を与えた事は言うまでもありませんが、このポップス界における2つの偉大なるグループ以外にもその与えた影響は計り知れないものがあり、'60年代から現在までのポップスの歴史に於いてとても重要な存在である事は間違いありません。

エバリー・ブラザーズは、デビューヒット曲の「バイ・バイ・ラブ」以降、続いて全米No.1となった「起きろよスージー」や、「(Till)I Kissed You」、「キャシーズ・クラウン」などの軽快なヒット曲の他に、「夢を見るだけ」、「Crying in the rain」、「Devoted to you」といった、とても美しいバラードの名曲も数多くヒットさせています。


「バイ・バイ・ラブ」~初期のモノクロTV映像より


「起きろよスージー」~オリジナル音源


「Bird Dog -(Till) I Kissed You」~初期のモノクロTV映像より


「夢を見るだけ - キャシーズ・クラウン」~初期のモノクロTV映像より


「Let it be me」~初期のモノクロTV映像より


「Crying in the rain」~ライブステージより


「Devoted to you」~オリジナル音源


「エバリー・ブラザーズとジェリー&ペースメーカーズのヒット・メドレー」~1965年のTV番組より


「起きろよスージー」~サイモン&ガーファンクル1981年のセントラルパークでのリユニオン・コンサートより


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/31-d268a3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。