FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
'50年代のロックンロール・ブームの立役者の一人として重要な人物、ジェリー・リー・ルイスの登場です。

彼は十代の頃は神学校で学んでいましたが、ブラックミュージックに傾倒して得意のピアノでロックンロールを演奏する様になり、プレスリーと同じくメンフィスのサン・レコードから1957年にデビューしています。

この年、彼の人気はまず「ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン」で火が付き、続いて放った「火の玉ロック/Great Balls Of Fire」でその存在感が決定的なものとなっています。

ピアノをぶっ叩く様に演奏しながら髪を振り乱して叫ぶ様に歌う独特のロックンロール・スタイルは彼のトレード・マークとなり、多くの観客を熱狂させていました。
また時にはピアノに油と火を放って演奏すると言った、後の、ギターを燃やしたジミ・ヘンドリックスの様な過激なパフォーマンスでも注目を浴びていました。

所が彼は、3人目の妻として13才の又従妹と結婚した事がマスコミで取り上げられ、前妻との離婚が成立していなかったために重婚が発覚して騒ぎが大きくなってしまい、その後、アメリカの芸能界から事実上追放されてしまいます。

この事が元で、ロックンロールは不良の音楽だ、という風当たりが強くなってしまったのも事実で、彼には「不良ヤンキー・ロックンローラー」という有難くないレッテルが貼られてしまいます。

それでも彼の残した音楽は熱く偉大なものであり、現在はロックの殿堂入りを果たしています。


「ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン」~当時のモノクロTV映像より


「火の玉ロック」~当時のスタジオライブより


「イギリスのTV番組・Ready Steady Go!(1964年)」より


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/36-637d9798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。