FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・チャンプスというバンドは、テナーサックス、ギター2名、ピアノ、ベース、ドラムス、という6名編成のインスト・バンドで、元々はウエストコーストのセッション・ミュージシャンで結成されています。

その彼らが1958年にリリースしたインストゥルメンタル・ナンバーで、チャンプスとしての最大のヒット曲であり、チャートのNo.1を獲得した曲が「テキーラ」です。
この曲自体の持つ際立ったユニークさで、チャンプスというバンド名と共に輝かしいポップス・ヒストリーに永遠に残って行く存在となっています。

この曲は、ギター1本のカッティングから始まる冒頭から、ラテン風味の曲の進行と共に音が厚くなって盛り上がって行き、やがてまたエンディングへと音が薄くなってギター1本になって終わるという構成も面白くて、現在でも様々なバンドにカバーされています。

また彼らは「テキーラ」の大ヒットにあやかって1959年に「トゥー・マッチ・テキーラ」という曲もリリースしていました。


「テキーラ」~オリジナル音源


「トゥー・マッチ・テキーラ」~当時のモノクロTV映像より


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/39-b7367bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。