FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リッキー・ネルソンのアメリカ芸能界でのキャリアは、子役として「陽気なネルソン一家」というTVホームドラマに出演した所から始まっていまして、このTVドラマは当時、NHKでも放送していましたからご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

その後1957年には十代ながら早くもレコード・デビューしています。
これは、彼の父親オジー・ネルソンがスイングジャズのバンドリーダー兼作曲家だったという事から多分に親の七光り的な所があるのですが、所が彼の歌は”本物”でした。

ルックスの良さだけでなく美声の持ち主で、歌の才能も持っている美青年アイドル・シンガーとして、ティーンエイジャーにかなりの人気を誇っていまして、デビューシングル「I'm Walkin'」から数えて6枚目のシングル「プア・リトル・フール」で遂に全米No.1を獲得します。

それ以降も数々のヒットを飛ばしていますが、1961年には2曲目の全米No.1ヒット・シングル「トラベリンマン」を世に出しています。
このシングルのB面が、「ルイジアナ・ママ」のヒットでおなじみのジーン・ピットニー作曲の「ハロー・メリー・ルー」で、このシングルはこの時に両面とも大ヒットしていて、この「ハロー・メリー・ルー」もヒットチャートのトップ10入りを果たしまして、今でもこの2曲がリッキー・ネルソンの代表的な曲に挙げられています。

リッキー・ネルソンの当時のレコーディングではギタリスト/ジェームス・バートンがテレキャスターでバックアップしておりまして、その名プレイも要チェックです。

また彼は1961年に芸名を「リッキー・ネルソン」から「リック・ネルソン」に変えています。

1980年代まで息の長い芸能活動を続けていた彼ですが、1985年の末にコンサート会場へ向かう途中の自家用飛行機の墜落事故により、バンドメンバーやスタッフと共に残念ながら亡くなってしまいました。

また、1990年には彼の2人の息子が「ネルソン」というハード・ロック・グループでデビューしています。
ネルソン家は、カエルの子はカエル、という事でした。


「プア・リトル・フール」~オリジナル音源


「ロンサム・タウン」~当時のモノクロTV映像


「ハロー・メリー・ルー」~当時のモノクロTV映像


「ヤング・ワールド」~当時のモノクロTV映像


「It's Up To You」~当時のモノクロ映像


「トラベリン・マン」~オリジナル音源


「The Christmas Song」~この名曲を歌っています


「トラベリン・マン」~'80年代のTVのライブより


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/47-41cfe24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。