FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デトロイト出身の黒人R&B歌手/ジャッキー・ウイルソンは、ボクサーとしてのキャリアもあって、そのボクサーとしての身のこなしの軽やかさとしなやかさが、彼の驚異的なダンスを生んでいます。

ダンスパフォーマンスでも見せてくれる黒人シンガーとしてはジェームス・ブラウンと双璧だと言われており、数多くの黒人アーティストに大きな影響を与えて来ました。

その歌って踊れるジャッキー・ウイルソンを目標にしていたのが少年時代のマイケル・ジャクソンで、そのダンスにはかなり影響されていました。
マイケル・ジャクソンがあみ出したあの驚くべきダンス・パフォーマンスのルーツは、実はジャッキー・ウイルソンにあったのですね。

そのジャッキー・ウイルソン最大のヒット曲であり代表曲が1958年の「ロンリー・ティアドロップス」で、この曲はミリオンセラーも記録しています。

このヒット曲を作ってプロデュースしたのが、後にモータウン・レーベルを立ち上げるベリー・ゴーディー・Jrでした。
彼はこの曲を手がけた事が認められて、それがきっかけとなって後に会社を興す訳ですから、モータウン・レーベルが生まれるきっかけとなったのがこの曲だ、という事でも重要な意味のある楽曲だと言えるでしょう。


「ロンリー・ティアドロップス」~当時のモノクロTV映像


「ロンリー・ティアドロップス」~ソウルにアレンジされたバージョン


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/55-fa084535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。