FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーク・ダイニングはオクラホマ出身の男性シンガーで、「ボタンとリボン」というミリオンセラー曲を歌ったダイニング姉妹の弟にあたります。

そのマーク・ダイニングの唯一と言って良いヒット曲が1960年にリリースされた「ティーン・エンジェル」。

タイトルを直訳すると「10代の天使」という事になりまして、恋する彼女は天使だ、という様な甘いラブソングか、と思えばその逆で、僅か16才の彼女が車にはねられて亡くなってしまい、彼女の亡骸に向かって「僕の声が聞こえるかい?僕が見えるかい?」と呼びかけて嘆く、という内容の歌です。

恋人の死に直面して深く悲しみに暮れるという曲なのですが、マーク・ダイニングによって静かに歌われていて、ある種「優しさ」が感じられる所がヒットした理由ではないでしょうか。


「ティーン・エンジェル」~当時のTV映像(アメリカン・バンドスタンドより)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/76-89362e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。