FC2ブログ

ポップス黄金時代~ Popular Hit Parade ~

1950年代から現代までの、洋楽ポップス・ヒストリーを華やかに彩った偉大なるアーティスト達と、その時代に輝く名曲の数々を辿って参ります。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンダ・ジャクソンというと、元はカントリー&ウエスタンの世界で活躍していた女性シンガーですが、その彼女が1960年に放ったヒット曲「Let's Have A Party」は何と、典型的なロックンロール・ナンバーでした。

それまでのワンダ・ジャクソンのイメージというと、まず出て来るのはヒット曲の「フジヤマ・ママ」でした。

その昔、この歌を聞いてまだ英語の歌詞の内容は分からなくて、洋楽で「フジヤマ」と出て来るのがちょっと奇妙にも思えましたが何となく、日本の事を歌ってるんだなあ、と思った記憶があります。

「Let's Have A Party」は、その彼女がロックンロールをダミ声で歌ってるわけで、これはかなりのインパクトがありました。

この頃、ポップス界はロックンロールの洗礼は受けていたものの、典型的なパターンの曲をシャウトして歌うのははほとんどが男性シンガーでしたから、明らかなロックンロールを歌う女性シンガーはまだ居なくて、彼女が率先して取り上げたのでした。

この時代の他の女性シンガーのレパートリーは、ほとんどが可愛い子風ポップスでした。


「Let's Have A Party」~オリジナル音源

「Let's Have A Party」~当時のTV映像

「Let's Have A Party」~こちらは比較的最近のカラー映像


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pops555.blog10.fc2.com/tb.php/98-1723b78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。